一人暮らしのご飯

一人暮らし、なんといってもご飯が心配

近年、男性の方がお料理上手で、企業でもランチに自分が作ったお弁当を持ってくる「お弁当男子」が多いと聞きます。
以外と凝り始めるとのめり込んでいきやすいのが男性です。
お弁当一つとっても、内容がバラエティに富んでいてお弁当箱にも凝っていて、本当においしそうというお弁当を作ってきます。
最近は大学生にもお弁当男子が増えているといいます。

大学に進学する際、何が一番心配か?というと、一人暮らしの生活にはドキドキ、トキメキがありますが、食事の面は心配でしょう。
今までお母さんにおまかせで、ほとんどキッチンに立ったことがないという男子も、学生生活の中で食費の節約を考えるのなら、「アルバイト先に飲食店を選び従食で食費を浮かす」という事と、「自炊を多くして外食を抑える」という事がとても重要になります。

自炊といっても難しい事なんて一つもなくて、ちょっと要領を覚えれば、本当にたやすく、楽しく、料理ができるのです。
今回は一人暮らし男子でもできる簡単レシピを紹介します。

ガッツリ、リーズナブルな豚丼

安くていつでもスーパーなどに売っているのが豚ばら肉です。
豚ばら肉200g、玉ねぎを半分、片栗粉少し、ご飯2合分(でもこれは好きな分量で)、またあれば、白ネギ、白ごま、糸唐辛子、これはなくても出来るので「あれば」で大丈夫です。

漬けダレににんにく1かけ、お酒大匙2杯くらい、砂糖とみりんを大匙2杯、醤油を50ml位、漬けダレに関しては自分の好みで甘くしてもいいし、お醤油を少なくしてもいいです。

豚ばら肉を食べやすい大きさに切って(もともと食べやすい大きさになっている場合はどのままで)玉ねぎも薄切りしておきます。
漬けダレの材料を全部混ぜておき、そこに豚ばら肉、玉ねぎを1時間くらいつけておきます。
その後、フライパンで豚肉を焼いて、次に玉ねぎを炒める(一緒でもよし)、丼にご飯を盛りつけて玉ねぎ、豚肉をのせます。
漬けダレはそのままにしておいて、もう一度火にかけて、ふつふつしてきたらそこに、少量のお水で溶いた片栗粉(大匙5くらいの水で片栗粉小さじ1くらいを溶いて入れる、とろみが少ないようならまた作って足す)を入れてとろみがついたら豚丼の上にかけます。

糸唐辛子は売っています。
白髪ねぎは細くねぎをきって水にさらして水をよく切っておきます。
これはなくてもいいし、面倒ならラーメンに入っているような細い輪切りにして振り掛けてもいいです。

冷蔵庫の残り物でチャーハン

冷蔵庫の中の残り物で、さっと出来るというのがチャーハンです。
卵が1個、ご飯が茶碗1杯分くらい、後は残っている豚肉でもソーセージでもなんでも入れて、長ネギなどいれて作れます。
調味料として鶏がらスープのもとを小さじ1くらい、コショウ、塩を少々、醤油1/2、オイスターソース小さじ1くらい、あれば中華だしの元を小さじ半分くらい、これを全部混ぜておきます。

長ネギ、豚バラ等は細かく刻んでおきます。
フライパンにサラダ油を入れて熱しておいて、肉を先に炒めて、次のご飯を入れて強火で炒めます。
次に卵を入れて混ぜます。
ぱらぱらになってきたら調味料をざっと入れてしばらくかき混ぜながら熱を入れて、愛護にごま油を少々入れて混ぜて出来上がりです。

鶏がらスープのもとや中華だしのもとは、買っておくとそれと塩コショウだけでスープができます。
乾燥わかめを入れればわかめスープができるのでチャーハンと一緒にとてもよくあいます。

適当にちぎっておいたレタスを最後に入れてさっと炒めるとレタスチャーハンができますのでこれもお試しを、火を入れ過ぎずにつくるととてもおいしいです。

カテゴリー: 上京生活を楽しむコツ